2019.11.26

紅葉の季節

 前回のご挨拶が真夏の最中、すっかりすっかりご無沙汰してしまいましたが(この言葉が常套句になってしまいました! ごめんなさい。)、みなさま、その後、いかがお過ごしでしょうか? 前回の更新から早3ヶ月。すでに晩秋を迎え、紅葉もそろそろ見納めの時期を迎えようとしています。遠くに足を運び、秋を満喫された方もいらっしゃいますか? こちらは例年ならば、近くの見慣れた風景でさえ、次第に色づく赤や黄色の美しさに目を見張らされるものですが、今年は残念ながら木々にいつものような勢いや鮮やかさがなく、心なしかさみしい光景が広がっています。9月下旬に九州地方を襲った台風17号は、幸いこちらを直撃することはありませんでしたが、恐ろしいほどに荒れ狂う風が木々を激しく揺らし、傷つけ、葉っぱをたくさん落としてしまったのです。あちらこちらの街路樹もここ近年の度重なる暴風雨による被害なのか、枝のあちこちが無造作にバッサリと切られ、もうほとんど枯れかかった状態で佇んでいる姿を少なからず目にします。被害の大きさを物語る結果であり、仕方ないことなのかもしれませんが、せめてもう少し木々に対する配慮があれば(私も一昨年、晩白柚の木をすっかり枯らしてしまいましたので、自戒の念も込めて)、あるいは再び元気になったかもしれないと思うと、とても残念な気持ちになります。それにしても今年の気象の不安定さは例年にないほどで、庭先では初夏に咲くツツジが季節を間違えてしまったのでしょう、ピンク色の花がポツリポツリと可愛らしく咲いています。かくいう私も予測不能な気象にちぐはぐの装いをしては、あぁ寒い・・・あぁ暑い・・・と翻弄され続けています。

 12月も間近に控え、いよいよ寒い季節に突入します。年末に向けて、何かと忙しい季節ですね。みなさま、どうか体調にはくれぐれも気をつけてお過ごしくださいね。それでは、またお会いできる日まで。



「祝宴の唄 - 令和バージョン」修正版について

 3ヶ月前にこちらで作品を公開してからも、MIDIデータの修正をしばらく続けていました。ソフト音源も含めてより良いサウンドを見つけ、すぐにでも修正版をアップする予定だったのですが、それはあまりに甘い目論見で、システム刷新も含めたその後の作業に膨大な時間を要してしまいました(システム刷新については、いつかまた触れたいと思っています)。オーディオ・インターフェース(624)の使い方がよくわからず、何度も試行錯誤を繰り返したのですが、作品が完成して、改めて振り返って見ると、結局、大したことは何もやっていないことに気づかされました。3ヶ月もかかって、えっ、これ〜〜〜〜??? と呆れ果てられるかもしれません。代わり映えのない作品をいつまでも・・・本当にお恥ずかしい限りです。とりあえず、自分なりの課題を一段クリアしました(ソフト音源と外部音源の両方の使用、エフェクトを増やす)。もしもよろしければ、どうか聴いてみてくださいね! ソフト音源はパーカッションの一部のみに使用しています。


 それでは 「祝宴の唄 - 令和バージョン」修正版 をどうぞ!